劇場版名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 感想 katan レビュー

ゲームに関する記事はこちらへ移転しました。
ADVGAMER

劇場版名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 感想

『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』
2000年に公開された、名探偵コナン劇場版の第4作目。

佐藤刑事が撃たれ、蘭が記憶喪失になったりするわけで、
序盤から衝撃的な展開で始まった作品でしたね。

劇場版 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者(Blu-ray Disc)

「シリーズ史上、最悪の事件発生!
警察官が連続して殺されるという凶悪事件が発生した。
個人的な恨みなのか、それとも警察組織への挑戦か?
犯人捜査に乗り出すコナンばかりか、蘭の命までもが謎の影に狙われる!」

女性が強いこの作品の中にあって、
最強格である佐藤刑事と蘭の2人が冒頭から戦闘不能にさせられたのは、
やっぱり衝撃的でしたね。

記憶喪失とかベタなネタと言われてしまえばそれまでなのだけど、
序盤から掴みはOKって感じで最初から物語の中に入っていけたのは、
非常に大きかったように思います。

ストーリー的には終始緊張感が漂いだれることなく進行しつつ、
それでいて蘭の記憶を取り戻す過程で新一と蘭の絆がしっかり描かれており、
コナンシリーズとしての味付けがしっかりなされていました。
特に必死に蘭を守り続けるコナンの姿は格好良かったし、
新一の蘭に対する想いが伝わってきたのは、
見ていて素直に良かったなと。

あとED曲はいつもあまり好きってほどでもないのだけれど、
今回はとてもマッチしていて良かったわけで、
その点でも見終わった後の満足感につながりましたね。

まぁ蘭が記憶喪失ゆえに本来の活躍が最後しか見られないとか、
問題点は他にもあるのでしょうが、
個人的には劇場版の中でもかなり好きな作品でしたね。



特典映像:劇場版 名探偵コナン 予告編集
封入特典:ミニブックレット
(劇場公開時のパンフレットを再編集した特別版)

<オリジナルサウンドトラック>
「名探偵コナン 瞳の中の暗殺者」大野克夫
<主題歌>
「あなたがいるから」歌:小松未歩(GIZA studio)

関連記事
コメント入力欄へ進む  
トラックバック http://katan100.blog130.fc2.com/tb.php/2612-63f5470d