名探偵コナン 世紀末の魔術師 感想 katan レビュー

ゲームに関する記事はこちらへ移転しました。
ADVGAMER

名探偵コナン 世紀末の魔術師 感想

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

1999年に公開された、名探偵コナン劇場版の第3作目。

怪盗キッドが初登場ということで話題になった作品ですが、
他にも灰原哀、高木渉、服部平次、遠山和葉など、
劇場版初登場のキャラが多い作品でした。


名探偵コナン 世紀末の魔術師

「世紀末最大の謎を解くのは誰だ!?
ロマノフ王朝最後の秘宝をめぐり怪盗キッドからの挑戦状が届いた!
コナンの推理で真実が明るみにさらされるうち、
遂には、コナンの正体までもが明らかに……!?」

怪盗キッドが初登場ということで、
キッドが好きな人には待望の回だったのかなと。
ストーリー的にもロマノフ王朝の遺産というスケールの大きさに加え、
イースターエッグが出てきますからね。
イースターエッグは世界中で好きな人が多いのですが、
何か人を惹きつける魅力があるんですよね。

また後の主要キャラがほぼ出揃ったということで、
現在へつながる基盤も出来上がった作品とも言えるでしょう。

それでいて、蘭がコナンを新一とだぶらせていた時期でもあり、
ラストなんかは蘭と新一の恋愛話が好きな人にはたまらないだろうし、
初期の雰囲気を残していた作品でもあったんですよね。

つまり初期の頃の雰囲気と新しい要素が合体した作品なわけで、
これは好きな人はかなり好きなんじゃないかなと思ったりも。

こうして書いてみるといろいろ注目すべき点がありますし、
分岐点となったシリーズ内では大きな意義のあった作品と思えるのですが、
そのわりには私の中での印象は比較的薄かったりします。

いや、十分に面白かったのですが、
要素だけ見ると最高傑作ともなりえそうな雰囲気を有しているだけに、
そのわりには…って感じなんですよね。
ストーリーの途中部分での緊張感がもう少し欲しかったのかなと。
まぁ私だけかもしれませんけれど。

そういうわけで思ったよりは印象が薄いのですが、
それでも上記のようにいろんな要素があることで面白かったですし、
映画版の中でも外せない一本のように思いますね。


特典映像:劇場版 名探偵コナン 予告編集
封入特典:ミニブックレット
(劇場公開時のパンフレットを再編集した特別版)
<オリジナルサウンドトラック>
「名探偵コナン 世紀末の魔術師」大野克夫
<主題歌>
「ONE」歌:B'z(VERMILLION RECORDS)
<挿入歌>
「メイン・テーマ」歌:菅井えり
「キミがいれば」歌:伊織

関連記事
コメント入力欄へ進む  
トラックバック http://katan100.blog130.fc2.com/tb.php/2610-e602878c