日記: 2012年秋のアニメなど katan レビュー

ゲームに関する記事はこちらへ移転しました。
ADVGAMER

日記: 2012年秋のアニメなど

今期のアニメは何となく「猫」のイメージ。

と言いつつ、そんなに見ているわけでもないので、
面白いのに見逃している作品もあるかもしれないけれどね。

まずは『リトルバスターズ!』。
・少し駆け足気味だけどその分テンポも良いし、
開始前の不安はなくなった感じか。
クドに少し違和感はあったけど、総じて今後も期待できそう。
・小毬ってこんなに可愛かったっけか?
まきいづみ時空が上手くはまって自分の中での小毬株が急上昇中。


リトルバスターズ! 1 (初回生産限定版) [Blu-ray]

『となりの怪物くん』
・今期、個人的には一番の注目作品。
・OPからして気分が盛り上がってくる。
・夏目役の種﨑敦美さんの声が良い。
まだ新人みたいだけど、上手いね。
怯えながらミッティ~って言うところの声が特に好き。
・ついでに原作も買ってきた。
アニメがどこまでやるか分からないけれど、原作もかなり面白い。

ただ、原作の方は最近シリアス展開が入ってきているので、
問題はそこからなのだろうね。
少女漫画は好きで良く読むのだけれど、
キャラの設定や途中までは非常に面白かったのに、
シリアスな終盤でガッカリするケースが多いわけで。
もっともそれは内容が駄目と言うのではなく、
どれも似た感じになってしまって読む気が失せるって感じ。
これは少女漫画に限らずノベルゲームでも感じる部分なのだけど、
どうも終盤のシリアス要素で行き詰った作品が近年は多くって。
作品の設定やテーマを活かしきれておらず、
似たり寄ったりで終盤がとってつけたように見えてしまう。
この作品が今後どうなるか分からないけれど、そうならないことを望みたいもの。
となりの怪物くん 1(完全生産限定版) [Blu-ray]  となりの怪物くん

『さくら荘のペットな彼女』
・美少女介護アニメw
・キャラデザが好き、そしてエロくなったみのりんがいるw
・猫が一杯 ってか、連れ戻すなよw
・失礼ながら最初はテンプレハーレムものかと思ったけど、
予想以上に良い感じ。今後に期待できそう。
さくら荘のペットな彼女 BD さくら荘のペットな彼女

『中二病でも恋がしたい!』
・良くも悪くも京アニ
・設定的に某信者の反感を買いそう・・・
・疲労した自分の目にとどめを刺すようなあのOPが好きだったけど、
若干改悪されてしまった・・・
中二病でも恋がしたい! BD 中二病でも恋がしたい!』

ふと気になったので探してみたら、
「エクスカリバー」なんてものもあるんだね。
自分が学生のときにこんなのがあったら買っていたような。
エクスカリバー

ペンは剣より強いかはさておき、
中二病を患ったまま大人になると矛先がペンに向く人もいるはず。
ちょっと前に廃盤になってしまったけれど、
ぺんてるの「エクスキャリバー」シリーズはまさにそんな人向けだったり。
exca11.jpg
下の「スウォード・イン・ザ・ストーン」は、
アーサー王が石から剣を引き抜くエピソードをモチーフにしたもの。
マグネシウム合金を加工した軸にソーダライトの天然石を嵌め込み、
キャップには有名なセリフのルーン文字が彫られ、
紋章はイギリスの紋章院に登録するほどのこだわりよう。

上の「ドズマリープール」は、
アーサー王がエクスカリバーを湖で貰うシーンを描いたもの。
天冠の大粒のルビーが特徴なのだけど、
pendoz12.jpg
湖からエクスカリバーを持った妖精の手が現れた光景を描いた軸の方が秀逸。
描いた上から樹脂でコーティングしているので、
写真だと上手く見せられないのだけどね。
持った人だけの特権と解釈しておこうか。
exca12.jpg
廃盤に伴い商品紹介のHPもなくなったのだけれど、
あれはもったいなかったな・・・
どこの新作ゲームかと思うような、
やたらと気合が入った格好良いHPだったからね。
中二的精神が少しでもあれば、絶対そそられると思う。
日本のペンとしては珍しくデザインが秀逸だったのだけれど、
あまり普及しなかったのは価格が高すぎたからなのだろう。
上の2本、万年筆だと税抜きで18万と16万だからね。
他のモデルにしても安くて10万以上では、やっぱり難しいでしょ。

さすがに大人になって模造刀を振り回すことはできないけれど、
中二精神は宿したままという社会人も結構いるはず。
そういう人向けにもう少しリーズナブルなペンがあっても良いよなと、
個人的には思うのだけれどね。
因みに、今気になっているのはこれ。
見たまんま、ドラキュラをモチーフにしているペン。
acdr.jpg
ケースは棺桶。
こういうユニークなのは好きだね。

中二はなぁ、わりと好きではあるんだよな~
単にアダルトゲームでやられると腹がたつだけで。
同意してくれる人がどれだけいるか分からないけれど、
例えば熟女モノのAVをその手の専門店に借りにいったら、
いつの間にか店に子供向けアニメも増えガキの溜まり場になっていて、
借りたDVDも間違ってジブリ映画だったとする。
ジブリ映画は面白いし、ツタヤにでも行ってあえて借りてきたのなら、
十分納得するんだけどね。
このそうじゃないだろう~的な感覚、
分かってくれる人がいたら嬉しいのだけれど。

中二要素の導入はゼロ年代のアダルトゲームの最大の特徴だろうし、
それによって売上が伸びた側面は否定できないのだけれど、
逆にそれによって失ったものも多いし、
今になって違う面で雁字搦めになっていたりもする。
まぁ10代のプレイヤーが一番多いだろうから、
セールスを考えれば中二向けにするのが一番の安牌なのだろうけれど・・・
でもツタヤと子供向け名作だけでなく、
おっさんがゆっくり品定めをし密かに楽しめる商品が並ぶフィールドも、
少しは残しておいて欲しいよなとつい思ってしまうのだけどね。

二次オタの悪いところは自分を中心に考えてしまい、それが全てと思うところ。
WIN95以降に二次オタが大量にプレイするようになって、
それはそれでセールス拡大にはつながったのだけれど、
失われたものも多かったと思う。
一例として、『ブルーヒート』を同じ路線で超えたゲームは未だに存在しないし。
若いオタクはアダルトゲームに見向きしない人も増えたと聞くけれど、
オタクが一掃されて方向転換を余儀なくされた方が、
個人的には求める作品に出会える確立は高いのではないかと思ったり。
そういう意味では、現状は長期的には決して悪くないのかな。
『ザッピンク』とか、
こういうセンスの再流入が個人的には最も望ましいところなんだよね。
20110408190705.jpg

そういえば、今年も残り2ヶ月。
前年は楽しめたゲームが多かったのだけれど、今年はかなり不作なような・・・
このままではゼロ年代以降では03年に並ぶか、
或いはそれを下回るような大不作の年となりそう。
まぁ09年なんかはかなり不作でどうにもならないと思っていたら、
後でプレイした中に面白いのが幾つかあったわけで、
今年も単に見逃しているだけかもしれないけれど。
情報収集の時間そのものがないのもあるけれど、
それ以上に探す意欲がなくなってきた感じ。
一時期は埋もれた作品を発掘することが楽しかったのだけれど、
何かもうそれにも疲れたので、
これ読んだ人でオススメあれば教えてって感じかな。
完成度等は一切問わず、
とにかく個性が際立っていれば少なくとも元は取れるのだけど、
そういうのを好むサイトとかを探してみるのも良いかもね。
関連記事
コメント入力欄へ進む  
トラックバック http://katan100.blog130.fc2.com/tb.php/2601-aa582732