ちはやふる 21話 感想 katan レビュー

ゲームに関する記事はこちらへ移転しました。
ADVGAMER

ちはやふる 21話 感想

ちはやふる 21話 「わがころもでにゆきはふりつつ」 感想

無事赤点もなく試験が終了し、
千早はクイーンへの挑戦権をかけた東日本予選会に。

須藤さんに先に負けたらボーズと挑発されつつ迎えた一回戦の相手は、
千早と同じスピードを武器にした天才・立川梨理華なわけで。

chihaya21000352602.jpg


赤点なかったと大声で叫ぶあの先生もある意味恥ずいのだけれど、
何はともあれ無事難関をクリア。
これでようやくかるたに本腰を入れられるわけだけど、
練習で太一が見せたのは全部ランダムで暗唱するという、離れ技。
文字や枚数を全て頭に叩き込むというのは大きな武器だけど、
そのかわりに場での動きや札との距離感に体がついていけないという欠点も生む。
それが太一の長所と短所。
自分がかるたをやっていたら、おそらく太一と同じスタイルになりそうで、
そういう意味でも親近感が沸くんだよね。
chihaya21000263305.jpg

で、ようやく東日本予選会。
上手く集中できていた千早の前に、ドSの須藤さん登場。
クイーンになれたら有名大学に行けると、
千早の集中を乱してくるわけで。
おかげで頭の中はこんな感じ。
chihaya21000487362.jpg
そういや、一時期こういうの流行ったよね。
それにしても、ダディってそんなに大事だったんだw

因みに、須藤さんの頭の中は、ドSだけですw
chihaya21000491032.jpg

始まった一回戦。
将来のクイーンを嘱望される小6のスピードスター、天才・立川梨理華ちゃんは、
千早と同じ耳が良くとにかく速いタイプ。
スピードを捨てろと言われた千早は、
序盤はちょうど良く正確に取る戦法に。
そのためスピード勝負では負けるものの、
梨理華ちゃんの取りこぼしは確実に取ることで、
やや劣勢ながらもついていくという展開に。
chihaya21000716382.jpg

後半に入り、原田先生がゴーサインを出し、
chihaya21000930638.jpg
千早の本来のスピードが炸裂。
chihaya21000974140.jpg
最終的には千早が勝利することに。
この辺は最初原作を読んだときは、
千早が序盤からとばしていたらもっと圧勝だったのかなと思ったけど、
必ずしもそういうことでもないのかな。
序盤は判断のつきにくい札が多いから正確性重視で、
札が少なくなり一字決まりだらけになったらスピードでねじ伏せる。
そういうのも1つの戦い方なんだろうね。
chihaya21001074657.jpg

他方、肉まん君は一回戦で須藤さんに焼かれたようで。
北央の顧問も負けてたけど、この人もA級だったんですね。

また、同時に新たちも予選中。
南雲会のエースだった村尾さんが緒戦敗退。
chihaya21001223305.jpg
かつては名人にも挑戦し、新の身近な目標でもあったわけだけど、
名人の強さを知って意欲をなくしてしまった様子。
chihaya21001242074.jpg
それで今回は格下に負けてしまったのだけど、
挫折はこういう形もあるってことだね。

今回も面白かったですね。
原作にあった名人の描写はカットされているけれど、
残り話数が少ないということで千早と関連の薄い部分を省いている感じでしょうか。
関連記事
コメント入力欄へ進む  
トラックバック http://katan100.blog130.fc2.com/tb.php/2083-d766d472

ちはやふる 第21話「わがころもでにゆきはふりつつ」

ちはやふる 第21話「わがころもでにゆきはふりつつ」

ちはやふる 第21話 「わがころもでにゆきはふりつつ」 感想

ちはやふる 第21話「わがころもでにゆきはふりつつ」

ちはやふる 第21話 『わがころもでにゆきはふりつつ』

ちはやふる 第21話「わがころもでにゆきはふりつつ」感想

ちはやふる 第21話

ちはやふる 21話「立川梨理華ちゃんが可愛かった」(感想)

ちはやふる 21話「わがころもでにゆきはふりつつ」

リリカは小学六年生「ちはやふる」