戦国 完全日本語版:2012年1月予約検討作番外編 katan レビュー

ゲームに関する記事はこちらへ移転しました。
ADVGAMER

戦国 完全日本語版:2012年1月予約検討作番外編

2012年1月予約検討作番外編
『戦国 完全日本語版』

『戦国 完全日本語版』が1月27日に、
サイバーフロントから発売されます。

これはParadox Interactiveの『Sengoku』の移植版になります。

戦国 完全日本語版


動作環境:
CPU:Pentium4-2.4G/AMD 3500+以上
対応OS:WindowsXP/Vista/7(各32bit)
メモリ:2GB以上
HDD:2GB以上
メデイア:CD-ROM
その他:[解像度]1024×768
    [ビデオカード]GeForce8800/Radeon X1900
    [DirectX]9
    [マルチプレイ]ネットワーク


Paradox Interactiveはハーツ オブ アイアンシリーズで有名になり、
国内外問わずかなり高い支持を得ているところです。

そのParadox Interactiveの新作は日本が舞台で、
応仁の乱から戦国時代を扱っています。

応仁の乱からしっかり扱うゲームは国内でも稀ですし、
本作は人間関係を重視しているとのことで、
発売前から気になっていた作品でした。

もっとも、あちらでは既に発売されていて、
国内でも英語版を既にプレイしている人もいるようですが、
あちらでの評価もそれほど高くない評価ですし、
日本版ハーツオブアイアン2とまではいかなかったようですね。

まぁHOI2はSLG史上最高と言う人もいるくらいなので、
おいそれと同じようなレベルの作品も作れないでしょうから、
今回は一発目ということもあり、
ある程度は仕方ないのでしょうけどね。

何れにしろ応仁の乱からという珍しい特徴もありますし、
HOI2ほどでないにしてもそれなりに遊べるようですから、
注目と応援をしたいものですね。

戦国 完全日本語版
関連記事
コメント入力欄へ進む  
トラックバック http://katan100.blog130.fc2.com/tb.php/1816-1a8b739b