12月の予約検討作その4 『久遠の絆 再臨詔 フルボイス版』 katan レビュー

ゲームに関する記事はこちらへ移転しました。
ADVGAMER

12月の予約検討作その4 『久遠の絆 再臨詔 フルボイス版』

12月の予約検討作その4
『久遠の絆 再臨詔 フルボイス版』

いやもう、出すなら最初からこれだけ出せよと…

発売日:2011年12月22日
ブランド:ザウス

久遠の絆 再臨詔 フルボイス版


久遠の絆 再臨詔がフルボイスになって、
windows用で発売されるとのこと。
ファンが待ってたのってこれだと思うので、
最初からこれだけで十分だったんですけどね。

まぁ、個人的には音声はこの作品に関しては要らないと思いますけど。
風水嵯峨さんのサウンドがとにかく良かったわけで、
そこにボイスが被さると余計なノイズになり、
サウンドの良さが消されかねませんから。

サウンドがボイスで消されなかったとしても、
それですぐにプラスになるとも思えませんしね。
特に久遠の絆の場合は元々音声無しを想定して書かれたものですし、
テキストも落ち着いたゆったりしたペースで進行します。
こういうのに音声を付けるとやたらだるく感じられて、
かえってマイナスに作用する場合がありますから。
読ませる文章と話す文章は違うわけで、
何でも音声を付ければ良いってものではないのですよ。

なのでフルボイスである点には魅力は感じないのですが、
やっぱりPCでできるってのは大きいですよね。
PCでプレイできることが、何より大事なのです。
あまりプレイする時間はないのだけど、
初代、DC版、PS2版と購入した者としては、
コレクターズアイテムの意味も兼ねてこれは買いですね。


関連記事
コメント入力欄へ進む  
トラックバック http://katan100.blog130.fc2.com/tb.php/1682-d6821259