2011年 夏アニメ総括 及び 秋アニメ katan レビュー

ゲームに関する記事はこちらへ移転しました。
ADVGAMER

2011年 夏アニメ総括 及び 秋アニメ

2011年の夏アニメも終わりましたね。

秋アニメもまだ全部ではないものの多くが1話を終えたということで、
夏アニメの個人的かつ簡単な総括と、秋アニメの1話の段階での感想を。



夏アニメは、結構視聴を継続したくなるものは多かったので、
そういう意味では比較的豊作だったように思います。
でも何年も記憶に残り続けるような強烈な印象の作品はなく、
そういう観点からは不作になるのかな。
全体的に普通に面白いねって感じの作品が多かったのでしょうね。

5点満点で普通に面白かったと呼べるライン(5点満点中3~3.5)は、
ロウきゅーぶ、神様ドォルズ、にゃんぱいあ、森田さんは無口、アイマス、
夏目3期、まよチキあたりでしょうか。
ロウきゅーぶは期待して感想も書いていたのだけれど、
主人公の側面がバッサリ削られて片手がもがれた状態だったので、
アニメ単体では普通だった感じになってしまいましたね。

時間の関係で途中で切ってしまったり、
或いは最初から見ていなかったライン(2以下)は省略しますが、
一応完走したけど全体ではつまらなかったライン(2.5)は、
日常や花咲くいろはになりますかね。
日常は京アニということで期待もしたのですが、珍しく駄目だったようです。
同じく花咲くいろはも期待して感想も書いていたのですが、
何か種死みたいな感じでしたね。
個々のシーンでは良い場面もあり盛り上がって楽しいのだけれど、
全体の流れではグダグダで駄目でした。
これを構成した人が携わった原作付作品では凄く好きなのもあるのですが、
その場合は原作者が全体の流れを既に作っていますからね。
しかし一から作った、今年シリーズ構成を担当したオリジナル作品は、
流れとしてはことごとく最低レベルに感じたわけで、
場面は書けるけど全体の流れやつながりは書けない人なのでしょう。
ギャグモノならそれでも楽しめるけれど、
ストーリーモノでそれをやられたらたまらないと思ってしまうので、
この人がシリーズ構成をしたオリジナル作品は、もう見ないと思います。

反対にとても面白かった作品では、
何年も忘れられなくなるレベルの作品(4.5~5)はなかったのですが、
数年後にまた見たくなるようなライン(4)は2作品ありました。

1つは、『バカとテストと召喚獣にっ!』ですね。
1期よりはやや勢いが落ちたかなとも思いましたが、
それでも十分に面白かったです。
このシリーズも最初はちょっと偏見があって敬遠していたんですけどね、
見だしたらすっかりはまったんですよね。
バカとテストと召喚獣にっ!

もう1つは、『ゆるゆり』です。
OPは強烈なインパクトがあったものの、途中までは普通ラインでした。
それが後半になるにつれ、
主人公のあかりの存在感が薄れるにつれどんどん面白くなっていきました。
でも、真っ先に思い浮かぶのはアッカリーンなわけで、
やっぱり主人公なんだよなとか思うわけで、
ちょっと不思議な作品でしたね。
バカテスが2期ということもあり、
少数派かもしれませんが個人的には今期最高はこれになりました。
魅力的なキャラが多数いるタイプなので、
2期をやっても楽しそうな気もするんですけどね。
ゆるゆり


ここから秋アニメです。
まず夏からの継続分はアイマスで、
開始当初はどうなるかと心配もあったけど、
その後は順調に面白くなっていますね。
この分だと2クール目はかなり期待ができるのではないでしょうか。
最近はミキミキが目立ち始めているけれど、
覚醒美希になる日もでてくるんですかね。
アイマス

次に新規分の中の2期モノは、全体的には安定した面白さですね。
『WORKING!!』は語るまでもなく、鉄板でしょうね。
WORKING!!
『たまゆら』は正確には1期なのだけど、
一応OVAもあって既にファンも多い作品ですしね。
たぶん安定した感じでずっと行くのではないでしょうか。
路線は違えど、これまた鉄板だと思います。
たまゆら
そして、まさかの『森田さんは無口。2』には笑いました。
これまでのOPにある最後のちゅうも捨てがたいのだけれど、
にゃ~にゃにゃにゃ~にゃで始まるオリジナル曲を用いたOPも、
かなり良いように思います。
両方足せば最高なんですけどね。
morita201000013221.jpg
癒しの3分半ということでしばいぬ子さんも含めて今後も楽しめそうです。
森田さんは無口 TV版
『イカ娘』は、変に立派にしてバタ臭いようなイロモノっぽさが失われ、
かえって楽しめなくなるのではという点だけはちょっと心配ですね。

それから大事な完全新規分なのですが、
原作人気もあってか、『ちはやふる』はさすがに面白く、
これは視聴決定でしょう。
chihaya01000052719.jpg

でもそれくらいで、あとは正直パッとしたものが無いですね。
シーキューブのOPがかなりツボったので、
しばらくは継続しそうですけれど。
シーキューブ
それと『僕は友達が少ない』は、
「肉」こと星奈のお色気シーン見たさに継続すると思います。
僕は友達が少ない
『Fate/Zero』はなぁ…何かグルグル回って説明ばっかしてましたが、
虚淵さんってことで躊躇しています。
昔は好きだったんだけどね、今はむしろ嫌いになっているもので。
でもセイバーというキャラだけは好きなので、難しいのですよ。

あとはガンダム、どうなるんだろうなぁ~
全く見る気がしないのだけれど。
それと、ベン・トーは原作の評判がかなり高いので、少し期待。
というか絵には惹かれないので、
内容が良さそうなら原作を買うかと思います。
ベン・トー
まぁ、今のところはそんな感じだけれど、
毎回途中で化けてくるのがあるので、今はそれに期待ってところでしょうね。
関連記事
コメント入力欄へ進む  
トラックバック http://katan100.blog130.fc2.com/tb.php/1581-2d78ccf9