11月の予約検討作その1 『花散峪山人考』 katan レビュー

ゲームに関する記事はこちらへ移転しました。
ADVGAMER

11月の予約検討作その1 『花散峪山人考』

11月の予約検討作その1 『花散峪山人考』

最近はあまりブランド買いはしなくなっているのですが、
ここは例外になりますかね。

『花散峪山人考』
発売日:2011年11月25日
ブランド:raiLsoft(レイルソフト)
原画:酔花
シナリオ:希

花散峪山人考


『霞外籠逗留記』 、『紅殻町博物誌』、『信天翁航海録』と、
これまでも漢字6文字の作品ばっかりだったのですが、
今回もまた漢字6文字になっています。

いつも安定して面白いけれど、
名作と言うにはあと一息って作品が多いので、
今回はそのあとちょっとの壁を突き破ってほしいものです。
まぁ、文学調の他とは異なる雰囲気がありますので、
最悪でも元は取れるだろうという意味では安心して買えますね。

花散峪山人考


関連記事
コメント入力欄へ進む  
トラックバック http://katan100.blog130.fc2.com/tb.php/1574-dd8c98a1