2011年 春アニメ 総括 katan レビュー

ゲームに関する記事はこちらへ移転しました。
ADVGAMER

2011年 春アニメ 総括

今期のアニメを振り返ってということで、
ゲームではあれこれ考慮するのですが、
ここは完全に主観的好みでの判断になります。

0.5点刻みの5点満点で、
普通に楽しかったよっていう一応満足したラインが3点になります。


4点
『よんでますよ、アザゼルさん。』
全体を通じて面白かったです。
ダークさとギャグの割合が絶妙で、文句なしに今期1番楽しめました。
現実的でリアルなさくちゃんが可愛かったです。

よんでますよ、アザゼルさん。

『Aチャンネル』
少し甘いかもだけど、1話以外は高い水準で安定して面白かったです。
ただのボケにとどまらないるんちゃんのブレのなさが最高でした。

Aチャンネル

3.5点
『花咲くいろは』
まだ続いているのですが、安定して面白いです。
もう少し弾ければ上積みもあるので、
2クール目に期待したいところ。

花咲くいろは

『そふてにっ』
うん、中身はないけどね、疲れたときには癒されるんだわ。
琴音と岬が可愛かったのと、週最高の回が数回あったもので。

そふてにっ

『戦国乙女~桃色パラドックス~』
毎回安定した内容で、コンスタントに楽しめました。
まさにダークホースといった作品でしたね。 

戦国乙女~桃色パラドックス~

3点
『DOG DAYS』
ストーリーは王道すぎてあってないようなもの。
でも、リコッタが可愛すぎたので満足です。

DOG DAYS

『電波女と青春男』
ストーリーはわけがわからんかったのですが、
りゅうしさんが可愛かったのと、OPが中毒でした。

電波女と青春男

『緋弾のアリア』
物足りない回も多かったけど、週最高が何度かあったので。

緋弾のアリア


2.5点
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
1話だけなら4.5点。
声優の熱演とEDへの入りは良かったけど、中身がなさすぎたのが残念。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

『日常』
はかせやなのは好きなのだけど、他がイマイチなもので。

日常のブルーレイ 特装版 第1巻 [Blu-ray]

『Dororonえん魔くんメ~ラめら!』
最初は楽しかったのだけど、しつこい上にワンパターンなので、
逆に昭和を馬鹿にしてるのかと勘繰りたくなってしまうわけで…

2点以下は途中で見るのをやめたやつですね。
ゲーム原作の2本とか、
少しは期待したけどやっぱり駄目だったって感じです。

4.5以上がなかったということで、
全体ではちょっと盛り上がりには欠けた感じでしたかね。

関連記事
コメント入力欄へ進む  
トラックバック http://katan100.blog130.fc2.com/tb.php/1359-9b26ee69