"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1) katan レビュー

ゲームに関する記事はこちらへ移転しました。
ADVGAMER

"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1)

『葵 ヒカルが地球にいたころ……(1) 』を読み終えました。

野村美月&竹岡美穂ということで、
文学少女シリーズに続き、
またこのコンビで作品を楽しむことができました。

"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1) (ファミ通文庫)"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1) (ファミ通文庫)
野村 美月,竹岡 美穂
エンターブレイン




面白かったですね。

文学少女シリーズの方が好きだけど、
まぁ、そこは好みの問題でしょう。

ストーリー自体は良い感じですし。

でも、男の幽霊に四六時中張り付かれるのは勘弁かもw
銀盤カレイドスコープみたいに異性だったら、
ニヤニヤしながら楽しめるんだけどね。

それにしても、問題はこれからですね。
タイトルから葵がメインかと思っていたのだけど、
葵の思い人はもう死んでますからね。
どうなるんでしょうね。

とりあえずは、2巻も出たら買ってみようと思います。
"葵" ヒカルが地球にいたころ……(1) (ファミ通文庫)
関連記事
コメント入力欄へ進む  
トラックバック http://katan100.blog130.fc2.com/tb.php/1304-7b933323