ドバイワールドカップ2011 ヴィクトワールピサ katan レビュー

ゲームに関する記事はこちらへ移転しました。
ADVGAMER

ドバイワールドカップ2011 ヴィクトワールピサ

ドバイWCでヴィクトワールピサが優勝。
トランセンドも2着に入り、日本馬がワンツーを決めました。

今のドバイWCはダートからAWにかわってますからね。
チャンスは増えたとは思っていたけれど、まさか勝つとは…

勝ったレースの格だけで判断するならば、
ヴィクトワールピサは歴代最高の馬ってことになるんですかね。
まだあまり実感はないのだけれど、
そう断言できるよう今後にも期待したいものですね。

多くの人は今後凱旋門賞に期待したいのかもだけど、
あれって3歳有利のハンデ戦っぽくて、
個人的には最高峰とは思えないわけでして。
自分もダビスタで競馬好きになったので、
長い間凱旋門賞最高って洗脳されてたんですけどね。
クラシックディスタンスなら、
むしろキングジョージで勝ってくれた方が嬉しいです。
まぁ、最近は愛チャンピオンSが実質的な最強馬決定戦っぽくなってるので、
距離適正的にもそこは狙って欲しいかも。

それにしても、凱旋門賞までは、
そんなに凄い馬とも思ってなかったんですよね。
でも、帰ってすぐのジャパンカップでも3着に入っていたし、
有馬記念も制していたわけですから、
私の見る目がなかっただけで急成長を遂げていたのは確かなんでしょう。

まぁ、今回に関しては、デムーロ騎手の騎乗もお見事でした。
最初は最後方にいながら、超スローに気付いたのか、
一気にあがっていきましたからね。
ここまでおもいきった行動は、なかなかできないでしょう。
本当に凄かったです。

2着のトランセンドも十分に凄かったですね。
超スローな展開で、だから残れたとも言えるかもしれませんが、
その超スローを演出したのはトランセンドなわけですから、
立派なものです。
それとカメラ目線と言われる、
ちょこっと首を傾げた姿がとっても可愛かったです。

しっかし、AWって難しいですね。
日本の現在の芝のトップとダートのトップがワンツーなので、
ますます適正が分からなくなりました。
でも、とりあえずは勝てて本当に良かったです。




関連記事
コメント入力欄へ進む  
トラックバック http://katan100.blog130.fc2.com/tb.php/1177-cc484569