<日記>ボールペンのインクのお話とか katan レビュー

ゲームに関する記事はこちらへ移転しました。
ADVGAMER

<日記>ボールペンのインクのお話とか

・まずは、拍手やランキングの応援、ありがとうございます。
拍手コメントの返答ってのが意味が分からなかったのですが、
基本的にコメント欄と同じなんですね。
ただ、拍手ボタンを押した人しか見られないので、
使い分けの意味はあるってことなのでしょう。
今後はきちんと扱えるようにしておきたいですね。

・さて、最近のマイブームが『じゃりン子チエ』だったりするわけで、
もともと好きな作品ではあったのだけど、今見てもとても面白いものです。
じゃりン子チエ DVD-BOX(1)
じゃりン子チエ DVD-BOX(1)

で、ふと思ったのが、ヨシ江さんみたいな雰囲気のキャラって、
ゲームにはほとんどいないよな~ってこと。

tie38001157490.jpg

むっちりした熟女キャラは大好きではあるのだけれど、
それはそれこれはこれってやつで、
たまには昔ながらの和風美人が攻略対象にいたって良いと思うのですよ。
どこかそういうの出してくれないですかね。

・まぁ、妄想はここまでにして、本題はここから。
私はボールペン集めが趣味となっていますが、
もともとは中のインクの方にこだわってたわけでして。
そのインクも、近年は進化が凄いことになってきています。

今一番売れている油性ペンは、
調べたわけではないけど、やっぱりジェットストリームなのでしょうか。
特徴は発売当時世界一と言われた、その滑らかさにあるのでしょう。

もっとも、いわゆる高級ボールペンの場合、
替え芯はパーカー互換だったりします。
中には改造でジェットストリームが使える場合もあるけれど、
そうでないのもあるし、素直にパーカー互換のを買うのが無難でしょう。
そこで質の良いパーカー互換をという需要があったわけですが、
ここに登場したのがシュミットの「easy flow 9000」なのです。
最近ではかなり名前も知られてきていますし、
私も結構使っています。
ジェットストリームとどっちが滑らかかは厳密に調べたことはないけれど、
ボールペンって圧力をかけてインクを出す構造ですからね、
軸にある程度の重さがあった方が書きやすかったりもします。
高いボールペンは100円のプラスチックボールペンよりも重いので、
そこに「easy flow 9000」を入れたやつの方が、
個人的には滑らかに書けるように思います。

ただ、思うのですが、そんなに滑らかさって大事ですか?
最近は開発が熾烈なので、
ジェットストリームよりも滑らかかもと言われる新商品もあります。
試したことはないけれど、
それが本当なら「easy flow 9000」より滑らかなのもあるのでしょう。
でも、あまり滑らか過ぎると、逆に制御しきれなくなって、
かえって書くスピードが劣るように思うのですよ。
アルファベットとかならまだしも、
漢字の場合には止めやはねやはらいがありますからね。
滑りすぎて制御しきれないものは、私には扱いにくく感じるのです。

もちろん、昔ながらのねっとりとした、
力を入れないと書けないのは論外ではあります。
それと、途中でインクが出なくなったり不安定になってかすれたり、
或いはダマになったりするのも困ったものです。
また、汗っかきとしては汗でにじんだりするのも問題です。

これらの問題をクリアしてくれれば、
滑らかさ自体は適度なもので十分な気がするんですよね。
そういう意味では、安いラインの中では、
個人的にはエナージェルの0.5mmが一番速く書けて重宝しています。
しかし、使っているボールペンの大半がパーカー互換なのですから、
パーカー互換の優れたものも欲しいわけです。
個人的には「easy flow 9000」は滑りすぎるのと、
太さがMしかないのが難点だったりします。
殴り書きとかには調度良いのかもしれませんが、
私はもう少し細く書きたい場面も多々あるので、
Mだけってのはちょいと痛いのです。

とはいえ、実はこの問題は既に解決済みでもあったりするわけで、
現時点でのマイベストのインクは、
同じシュミットの「Super Bowl 8900」だったりします。
番号からするとeasy flowの前になるのでしょうが、
8900はパーカー互換の水性になります。
シュミットの水性の良いところは油性同様キャップレスで使えることで、
他の水性と異なり乾かずに同じ品質で書けることが1年間保証されています。
また、水性は書いてすぐ触れるとかすれたりするのも多いですが、
エナージェル同様速乾性なので、その点も問題ありません。
さらに、水性なのでインクの出具合も十分で、
力を全く入れなくても書くことができます。
そのわりにはeasy flowより滑らかさでは劣るのですが、
個人的にはこの方が漢字とかが書きやすく、結果的に速く書けます。
そして字幅なのですが、太さは選べないものの、
若干easy flowより細く書けます。
おそらく、Fに相当するのでしょうね。
このMより細く書けるというのは、非常にありがたかったです。

そんなSuper Bowlの唯一かつ最大の難点は、
海外から輸入しないと買えないことです。
国内ではeasy flowばかりこれが決定打みたいな感じで扱われていますが、
私のようにSuper Bowlの方が良いって人も絶対いるはずなんですよね。
でも取り扱っているところがないので、それでとても困っちゃうのです。
大きな文房具屋に行っても、うちはシュミットは扱ってませんと、
一言でバッサリ切っておしまいですしね。
もう少し柔軟に対応して欲しいなと、
文房具屋さんには望みたいものです。
関連記事
コメント入力欄へ進む  
トラックバック http://katan100.blog130.fc2.com/tb.php/1022-e39f81b7